英国駐在員の日々雑感


by winchesterpark
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Winter in London 2008

仕事があまりにも忙しくブログの更新が遅れていました。
本日は「Winter in London 2008」と題してロンドンの冬をお送りします。

まずはケンジントン界隈からスタートです。
自然史博物館前のスケートリンクとクリスマスマーケットです。
b0143877_5421898.jpg

自然史博物館からハロッズ方面に歩いて行くとここオラトリー教会の前にクリスマスツリーがあります。この教会はローマバチカンスタイルの建築様式となっています。
b0143877_6232279.jpg

ナイツブリッジまで歩いて行くとご存じ「ハロッズ」に到着します。昨年からの外装工事が終わりイルミネーションが綺麗です。
b0143877_5415262.jpg

ハイドパークから冬空に高くそびえ立つアルバート公記念碑です。
b0143877_5341146.jpg

そのアルバート公が見つめている延長線上にこのロイヤル・アルバート・ホールがあります。
ヴィクトリア女王の夫アルバート公に捧げるために建築されたこのホールには1871年の開場以来、数々のイベントが開催されており、ロンドンのシンボルとなっています。
b0143877_5412671.jpg

ロイヤルアルバートホールのロビーにある絵画です。
b0143877_535419.jpg

このようなドーム型のホールを130年以上前から保有していたことに、英国の国力と歴史を感じます。
b0143877_54118.jpg

クリスマスコンサートに参加し、賛美歌を歌いました。
今年はちょっと頑張ってボックスシートを予約しました。
b0143877_5344061.jpg

次はコベント・ガーデンです。まずはオペラハウスの外観。半円型のアーチを持つこのファザートが印象的です。
b0143877_5274163.jpg

パリのオペラ座ほど豪華さはないのですが、モダンな雰囲気が好きです。
b0143877_5482863.jpg

今年のクリスマスは英国ロイヤルバレー団の「くるみ割り人形」を鑑賞しました。パンフレットの表紙にはご存じプリンシパルの「吉田都」さんです。同じ日本人として誇りに思います。
b0143877_6224727.jpg

クリスマスの時期、コベント・ガーデンの中ではいろいろなイベントが開催されます。
b0143877_529490.jpg

コベント・ガーデン界隈には数々のクリスマスツリーがあります。
b0143877_5292848.jpg

ニールストリートにある「トーマス・ニール・アーケード」の入口には天使の羽。
b0143877_5295590.jpg

ニールストリートからピカデリーサーカスへ。
b0143877_631867.jpg

ピカデリーからリージェントストリートを歩いているとおいしそうなケーキ発見。
b0143877_5304339.jpg

そして至る所で50%OFFなかには70%OFFの表示が。価格がどんどん下がります。一時期の日本のデフレを連想させます。
b0143877_5312685.jpg

リージェントストリートは人人人。世界中からロンドンに人が集まってきます。
b0143877_5322796.jpg

リージェントストリートのイルミネーションは本当にきれいです。今年は星型のアーチが連なっています。青色発光ダイオード発見以来、ロンドンのイルミネーションは青が基調となっています。
b0143877_6221082.jpg

リージェントストリートの途中にあるアーケード(Quadrant Arcade)です。
b0143877_5475831.jpg

そして、カーナビーストリート(Carnaby ST.)には2008年目玉、雪だるまイルミネーション。
b0143877_533217.jpg

歩き疲れたので、最後は「Black Cab」で家に帰ることにしました。以外とCabの中は広いです。
b0143877_5332441.jpg

2008年も残すところわずかとなりましたが、みなさんもよい年をお過ごしください。
それでは、Merry Christmas and have a Happy New Year from LONDON!
[PR]
by winchesterpark | 2008-12-29 05:44 | 催物