英国駐在員の日々雑感


by winchesterpark
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

英国の中の異国、ウェールズとスコットランドへの旅

8月27日から5泊6日でイギリスの中の異国ウェールズとスコットランドの地方めぐりをしました。ご存知のとおりイギリス(正式名称はUnited Kingdom of Great Britain & Northern Ireland)はイングランド(England)、ウェールズ(Wales)、スコットランド(Scotland)そして北アイルランド(Northern Ireland)の4カ国の連合国となっています。
その中でも、ウェールズは独自の文化圏を残し、アイルランドと並んでケルト民族の歴史が色濃く残っているところが特徴です。もともとケルト民族(ガリア族)は、現在のフランスやオーストリアのエリアに住んでいましたが、紀元前58年に始まったローマ軍、カエサル率いるガリア地方遠征のため、ブリテン島まで追いやられ、最後にはブリテン島の西側であるウェールズ地方、北のスコットランド地方でその文化を守り続けたといわれています。代表的なケルト十字は、ケルトとカトリックの融合の象徴とされています。
今回はそのような文化を感じ取る旅にしたいと思い、以下のようなスケジュールで出発しまし
た。車は95年型のBMW・320Iです。
8月27日London(ロンドン)→Cardify(Walesの首都カーディフ)→Swansea(スウォンジ)
8月28日St.David's(セント・デービッツ)→Fishguard(フィッシュガード)→Nevern(ネヴェレン)→Snowdon(スノードン)
8月29日Mt.Snowdon(スノードン山頂)→Caernafon(カナーボン)→Conwy(コンウイ)
8月30日Perth(パース)→Stiring(スターリング)
8月31日Edinburgh(エジンバラ)→Jedburgh(ジェッドバラ)→ Durhum(ダラム)
9月1日York(ヨーク)→London(ロンドン)

▼8月27日Cardify城
ロンドンから車でM4で3時間ほど走ると、ウェールズの首都であり玄関にあたるカーディフに到着。カーディフ城にはドラゴンをモチーフにしたウェールズの国旗が確認できます。
b0143877_21363227.jpg

▼8月28日St.David's大聖堂
カーディフを後に、スウォンジで宿泊し、翌朝にはウエールズの最西端にあるセントデービッツを訪れました。
b0143877_2137683.jpg

▼8月28日St.David's大聖堂の回廊
b0143877_21374220.jpg

▼8月28日Fishguard岬
Fishguardの港にはアイルランド行きのフェリーが停泊しています。
b0143877_2138304.jpg

▼8月28日The Pentre Ifan burial Chamber (ペントレ・イヴァン)
ソールズベリーのストーンヘンジと並んで4000年以上前に造られたとされるペントレ・イヴァン。屋根のような石はなんと40トン。いまだにその目的が謎ですが、太陽神を祭ったものとというのが有力で、いかにも自然霊を大事にするケルト族の先祖らしい。ペントレ・イヴァンにたどりつくのにかなり時間がかかりましたが、その場所はソールズベリーのストーンヘンジよりも神秘的に感じました。
b0143877_21393748.jpg

▼8月28日Snowdoniaスノードニアの夕日その1
スノードニア国立公園の近くにあるTy'n Rhos Country Houseに宿泊しました。この庭から眺めた夕日が本当にきれいでした。ここのホテルはお薦めです。
b0143877_2140832.jpg

▼8月28日Snowdoniaスノードニアの夕日その2
b0143877_21403067.jpg

▼8月28日Ty'n Rhos Country Houseのラウンジからも広い庭園を見渡せます。
b0143877_21411543.jpg

▼8月29日Ty'n Rhos Country Houseでの朝食風景。
b0143877_21405298.jpg

▼8月29日Snowdonia National Park(スノードニア国立公園)
Llanberis Lake(スランベリス湖)からスノードン山を望む。
b0143877_2141497.jpg

▼8月29日スノードニア登山鉄道
スノードン登山鉄道は、1896年に開業した保存鉄道ですが、小型蒸気機関車の割にはそのパワーがすごい。ウェールズでも最高峰とされるスノードン山(1085m)の頂上まで登ってくれます。始発の駅はLlanberis(スランベリス)で1時間かけて頂上を目指します。
b0143877_21461135.jpg

▼8月29日スノードニア登山鉄道からの車窓
ウェールズ語でスノードニアは「鷹の池」を意味しますが、車窓からはさまざまな景色が楽しめます。「白糸の滝」発見。
b0143877_21463421.jpg

▼8月29日スノードニア登山鉄道山頂その1
b0143877_21481027.jpg

▼8月29日スノードニア登山鉄道山頂その2
b0143877_21472990.jpg

▼8月29日スノードニア登山鉄道山頂その3
b0143877_21465991.jpg

▼8月29日Caernafon(カナーヴォン)城
スノードニア山を下山した後は、北ウェールズを代表するカナーヴォン城を訪れました。イングランド王エドワード1世は10の城塞「世界遺産アイアン・リング」を北ウェールズに構築しましたが、その中でも最大かつ最強といわれているのがこの城です。現在のイギリス皇太子チャールズは1969年にこの城で「プリンス・オブ・ウェールズPrince of Wales」の称号を得ており、当時の就任式の様子を博物館で見ることができます。エドワード1世以来、歴代のイングランド皇太子はプリンス・オブ・ウェールズの称号を得ており、連合国としてのウェールズの位置付けを明確にしています。それでも最近は、スコットランドと並んでウェールズも独立した国会に権限を委譲しており、緩やかな連合国へと変化してきています。
b0143877_21483566.jpg

▼8月29日Conwy(コンウィ)城
イングランド王エドワード1世は10の城塞(世界遺産)のNO2がこのコンウィ城です。
この城は難攻不落というに相応しく、エドワード1世のウェールズ征服へのこだわりがよくわかります。他の城塞も訪れたかったのですが、今回は北ウェールズを離れてスコットランドを目指しました。(引き続きスコットランド紀行をお楽しみください)
b0143877_21485623.jpg

▼8月30日 スクーン宮殿(Scone Palace)
スクーン宮殿は1580年に修道院跡に建てられた宮殿で、歴代のスコットランド王の載冠式の場であり、隣にあるスクーン・アビー(Scone Abbey)の前には載冠式の際に王が座ったとされる「運命の石(Stone of Destiny)」がある。ただしここにあるのはレプリカで本物はエジンバラ城に保管されている。
b0143877_22473626.jpg

▼8月30日 運命の石(Stone of Destiny)とスクーン・アビー(Scone Abbey)
b0143877_2248791.jpg

▼8月30日 孔雀とスクーン・アビー(Scone Abbey)
b0143877_22483387.jpg

▼8月30日 スターリング城(Stirling Castle)
スコットランドで最も壮麗な城といわれています。スターリングはスコットランドの中心に位置し古くからスターリングを制する者はスコットランドを制するといわれいるほど重要な町といわれています。
b0143877_22494185.jpg

▼8月30日 スターリング城内の教会にある絵画
b0143877_2250269.jpg

▼8月30日 Robert the Bruce Statue and the Wallace Monument
ロバート・ザ・ブルース(1274-1329)スコットランド王の像と遠くにウォリス・モニュメント(スコットランド独立の父ウィリアム・ウォリスの記念塔)。雄大な景色にそびえたっています。
b0143877_2250365.jpg

▼8月31日ジェットバラ修道院(Jedburgh Abbey)
b0143877_22505779.jpg

▼8月31日ジェットバラ修道院(Jedburgh Abbey)
b0143877_22511518.jpg

▼8月31日メアリ・クィーン・オブ・スコッツ・ハウス
b0143877_22514130.jpg

▼8月31日 世界遺産ダラム大聖堂(Durham Cahtedral)
b0143877_2252818.jpg

▼9月1日 ヨーク大聖堂(York Cathedral)
b0143877_22523027.jpg

▼9月1日 ヨーク国立鉄道博物館(York National Railway Museum)①
b0143877_22524961.jpg
b0143877_2253881.jpg
b0143877_22533736.jpg
b0143877_22535676.jpg
b0143877_22541673.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-08-27 20:50 | 旅行