英国駐在員の日々雑感


by winchesterpark
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:英国紀行( 3 )

英国に就(つい)て

本日がロンドンからお届けする英国徒然草の最終日になります。
いままでこの徒然なるブログを辛抱強く読んでいただいたみなさんありがとうございます。

ロンドンから最後の投稿ということで英国について書きたいのですが、残念ながらこの国は本当に奥が深すぎて何年赴任していてもそのものズバリを簡単に表現できないなと思っています。
それでも今回、帰任するにあったて、率直に感じてきたことをいずれも英国の画家が描いた有名な絵画2点を楽しみながら締めくくり、みなさんに英国の奥深さを感じていただければと思います。

まずは、コンスタンブルの「千草車」(1821年、ロンドン、ナショナル・ギャラリー蔵)です。
http://www.nationalgallery.org.uk/paintings/john-constable-the-hay-wain
この絵を選んだ理由は、一緒に仕事をしてきた英国人の影響もあるのですが、彼も含めて、英国人の自然に対する畏敬の念が世界一ということを伝えたかったからです。英語で自然に対する畏敬の念はNatural pietyと表現し、これは殆ど「聖なるもの」に近い「自然への愛」を表しています。コンスタンブルの「千草車」を引き立てるために、少し休憩をとって、以下の英国人ウィリアム・ワーズワスの「虹」という詩も同時にお楽しみいただければ幸いです。
The Hay Wain(1821, John Constable)
b0143877_527142.jpg

The Rainbow (William Wordsworth)

My heart leaps up when I behold
A rainbow in the sky:
So was it when my life began;
So is it now I am a man;
So be it when I shall grow old,
Or let me die!
The Child is father of the Man;
I could wish my days to be
Bound each to each by natural piety.

「虹」 ウィリアム・ワーズワス

私の心は躍る、大空に
  虹がかかるのを見たときに。
幼いころもそうだった、
大人になった今もそうなのだ、
年老いた時でもそうありたい、
  でなければ、生きている意味はない!
子供は大人の父親なのだ。
願わくば、私のこれからの一日一日が、
自然の畏敬の念によって貫かれんことを!

こちらの「千草車」を眺めていると、なぜか日本人が忘れかけていた、なつかしい田園風景がよみがえってきませんでしょうか。「日本」はまもなく、世界第2位の経済大国の座を「中国」に譲ることになるでしょう。しかし人間の豊かさを測るものとしてはGDPのような経済成長率がすべてではありません。実際、ロンドンから田舎に1時間でも車を走らせると、畑や緑の草原が、なだらかな起伏をなして限りなく続きます。そこに広がる風景は、経済原理最優先の中で滅びつつある日本の田園とは比較にならないほど落ち着いた品格を持っています。美しい自然を維持するには、国民にそれだけの精神的、経済的豊かさがなければならないという点で「英国」は将来の「日本」の手本になるのではないかと感じています。

そして2枚目。ターナーの「戦艦テメレール号」(1821年、ロンドン、ナショナル・ギャラリー蔵)です。
http://nationalgallery.org.uk/paintings/joseph-mallord-william-turner-the-fighting-temeraire
この絵もナショナル・ギャラリーに展示されていますが、いずれもコンスタンブル・ターナー二人とも同世代のイギリス人画家ということもあり、1枚目の「千草車」と同じ部屋に展示されています。ターナーの「戦艦テメレール号」は、いろいろなエピソードもあり一番好きな絵です。

「日本」と「英国」が1902年に結んだ「日英同盟」が、その後のロシアとの日本海海戦で日本海軍が当時世界最強といわれたバルチック艦隊に対して勝利を収めたことに大きく影響を与えたことは有名な話です。こちらは司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」の第8巻、「日本海海戦」を読んでいただければと思うのですが、他にもエピソードがあります。日本海軍は第1次世界大戦中も英国領マルタ島に「地中海の守り神」として、旗艦である巡洋艦「明石」と駆逐艦8隻からなる第二特務艦隊を地中海に派遣し、ドイツUボートの無差別攻撃から英国を筆頭とする連合国の輸送船の護衛を行いました。当時、残念ながら日本海軍兵の犠牲者もでたのですが、この歴史を英国人は忘れていません。マルタには旧日本海軍の軍人達が眠る立派な墓地があるのです。

そして私が以前ポーツマス(英国最大の軍港)を訪れたときのエピソードを一つ。ポーツマスの港には、過去の偉大な戦艦が停泊、展示されているのですが、その中にさらに英国海軍の歴史や模型を展示した海軍博物館があります。私が博物館の入り口を探して歩いていると、海軍の退役軍人らしい老人が、博物館の裏口から手招きして「君、日本人だろ」と言って、有料にもかかわらず、裏口からフリーで博物館の中に通してくれました。そこにはそれこそ、ネルソン総督時代から日英同盟時代に建造された戦艦の模型まで数々の戦艦が展示されており、そこにはたしか英国で建造された旗艦「三笠」の設計図みたいなものも展示されていました。感心して見入っていると、その退役軍人らしき老人は無言で軽く微笑んでいました。そこに私は、日英が同じ島国の軍人として過去、国を守り続けてきた誇りみたいなものと、同じ大きな海原と対峙する船乗りの仲間意識みたいなものを感じました。これはちょうどディーラーがマーケットと対峙するときの仲間意識と同じものなのかもしれません。

実はこの絵を紹介するのは2回目ですが、こちらの絵を締めくくりの絵として選んだのは、ポーツマスでの個人的なエピソードもあるのですが、このターナーの絵が英国人にとってかけがえのない絵だからです。ナショナル・ギャラリーに行くと、この「戦艦テメレール号」の前で長時間、眺めている英国人をよく見かけます。といいますのは、この作品にはサブタイトルがあり
「戦艦テメレール号・・1838年に解体のための最後の停泊地に曳かれていく」
と情緒詩的な雰囲気を演出しています。
1839年にこの作品がロイヤル・アカデミーで初めて展示されたとき、かつてのネルソン総督率いる「トラファルガーの戦い」で栄光の船と言われた帆船「テメレール号」が役割を終えて、いまやすっかり権威を失い、解体されるために蒸気船に曳かれていくその光景は当時の多くの英国人の心をしめつけたといわれています。帆船から蒸気船へ世代交代していく「産業革命」全盛時代の「ヴィクトリア朝時代」に描かれたものですが、今見ても、全く色あせない作品です。まるで一つの時代を創った老人(大英帝国)が若者(米国そして中国)にメッセージを送っているような、そんな余裕すら感じさせる、情緒詩的な作品です。
現在、入場料フリーですので、是非、出張や旅行でロンドンに行く機会がありましたら、この絵だけでも是非、鑑賞してください。
The Fighting Temeraire(1839, Joseph Mallord William Turner)
b0143877_5281136.jpg

今後「日本」が成熟した文化レベルの高い国として生き残っていくには、このような「英国」の精神的豊かさを素直に学ぶと同時に、かつては7つの海を支配していた「大英帝国」時代から得意とする「海外投資」こそが、子孫に日本の富を残していく唯一の方法かと思っています。その点で、英国は、今日、日本が抱えている問題の多くの答えを有しており、英国の歴史を深く追求すればするほどそのヒント・アイデアが生れてくれるのではないかと考えています。英国から離れてもそのような感覚を伝承していけたらと思っています。 

次回、どのような形で情報発信をできるか現時点ではわかりませんが、どこにいっても、この英国での経験をいかして、今までお世話になった人達に恩返しができればと考えています。

最後までお付き合いありがとうございます。
[PR]
by winchesterpark | 2010-04-26 05:29 | 英国紀行
イギリスのヴィクトリア朝期の政治家である「ベンジャミン・ディズレーリ」Benjamin Disraeliの邸宅
「Hughenden Monor」を訪れました。
b0143877_2147293.jpg

ディズレーリはあのチャーチルやサッチャーが所属していた保守党の政治家で、1868年から1880年にイギリスの首相として活躍しました。ディズレーリが過去の首相とはかなり変わった経歴をもっているので、今でも英国中から、「Hughenden Monor」を訪れる人が堪えません。特に次の選挙で現与党の「労働党」から「保守党」復帰の声が強く、熱心に彼の残した文書を読んでいる人が多く、とても印象的でした。
b0143877_21465024.jpg

 まず、彼は英国歴代首相の中で唯一の「ユダヤ人」ということです。ただし彼は13歳の時に洗礼を受けてキリスト教徒となっています。また経歴も弁護士→株式投資家→小説家と転々とし、1826年に発表した小説『ヴィヴィアン・グレイ(Vivian Grey)』が大きな反響を受け、そこから政治家としての頭角を現します。彼は、1832年から、現在の野党である保守党から出馬しますが、4度落選し、1837年に35歳でようやく当選します。その後は3度の大蔵大臣、2度の首相と、まさに大英帝国の黄金期を支えた首相といわれています。
 中でも有名なエピソードが、「ヴィクトリア女王」との中のよさです。恋仲と言われたほど、二人の関係は親密で、王室からの絶大なる信頼を得ていました。女王は宮殿の庭先で摘んだ桜草(Primrose)を何度も、ここ、「Hughenden Monor」に贈ったというエピソードがあります。このエピソードにちなんで、彼の命日は桜草忌(Primorose Day)、保守党の党員団体は桜草連盟(Primorose League)と今でも呼ばれています。
 もう一つは、「ロスチャイルド家」とのコネクションです。スエズ運河買収(1875年)時に大蔵省時代のユダヤ人とのコネもあり、「ロスチャイルド家」から多額の資金調達を実現したことで有名です。
当時は、「大英国主義」と「小英国国主義」に世論が二つに分かれていた時代でしたが、スエズ運河買収は名実ともに「大英帝国」の発展を象徴するような、歴史的ターニングポイントと言われています。
「Hughenden Monor」から眺めた景色
b0143877_21485146.jpg


邸宅には図書室があるのですが、彼の勤勉家ぶりが手に取るようにわかるようでした。
そんな勤勉家のデイズレリーは数々の名言を残しています。

まずは、統計データの信憑性を皮肉った

“There are three kinds of lies: lies, damned lies, and statistics”
「世の中には3つの嘘がある。一つは嘘、次に大嘘。そして統計である」


そして、D・カーネギーが著書「人を動かす」の中で、大英帝国の史上最高に明敏な政治家の一人、ディズレーリのことばであるとして引用された次の名言。

「人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。
そうすれば、相手は、何時間でもこちらの話を聞いてくれる」


まさに、大英帝国時代に「王室」「ユダヤ人」をも自由に操った名首相の名言です。
[PR]
by winchesterpark | 2009-08-02 21:51 | 英国紀行
6月7日(日)から6月21日(日)の2週間にわたって休暇がとれましたので、徒然にイギリス国内の旅にでました。

最初の一週間はスコットランド古城街道への旅です。今回は18世紀にヴィクトリア女王が夏の保養地として選んだ、RiverDee(ディー川)のエリアです。ディー川はスコットランドの山岳地方から3番目の都市アバディーンに流れる川ですが、とても静かな清流で上品な雰囲気の川です。川沿いには数々の古城が残っているのですが、中でも一番奥にあるのがバルモラル城です。現在でも夏至を過ぎると英国女王エリザベス2世はバッキンガムからここバルモラルに保養のために滞在します。今回はエリザベス女王より一足早くディー川エリアを訪れることにしました。
b0143877_347779.jpg

▼6月7日(日) (ロンドン→グラスゴー) 
まずは、愛車のBMW320iで一気にグラスゴーへ。朝8:00にロンドンの自宅を出発しましたが、スコットランド第2の都市グラスゴーに到着したのは夕方の17:00。今回宿泊したホテルはちょうどBBCスコットランドの対岸にあり、隣に科学博物館他モダンな建築物がならびます。グラスゴーは英国の中でも建築デザイナーが憧れる都市でモダンな建築物がたくさんあることで有名です。中村俊輔選手が所属するサッカーの名門セルティックもここグラスゴーが本拠地です。ロングドライブで疲れたので、ビールを1パイント飲んで、たっぷり睡眠をとりました。
以下の写真はグラスゴーのホテルから見た「BBCスコットランド」と「グラスゴー科学博物館」です。
b0143877_4291036.jpg

▼6月8日(月) (グラスゴー→クインーンズビュー→ブレア城→エドラタワー蒸留所→バラター)
2日目は早起きしていよいよスコットランドの奥地に進んで行きました。まずは大英帝国のヴィクトリア時代からのリゾート地である「ピトロッホリー」へ。ここには時のヴィクトリア女王が愛した美しい眺めが堪能できます。その名も「クイーンズ・ビュー」。タンメル湖を覆うようになだらかな丘陵地が続きます。ロンドンの慌ただしさを避けてヴィクトリア女王がこの地を訪れたのが1866年です。今でもその景色は変わらず、ハイキングコースを楽しむ人でいっぱいです。
b0143877_44399.jpg

次に訪れたのが白亜のブレア城です。正門をくぐった後にブレア城に続く並木道がとても長く壮大で、しばらくするとその白亜の素敵な姿が見えてきます。
b0143877_5213279.jpg

数ある古城の中でも13世紀から増築・改築を続けて現在にいたるのは、城主の「アーソル公爵」がハイランドでも屈指の明主で、イングランド・スコットランドの戦国時代にあっても、スコットランド・メアリ女王やイングランド・ジェイムス2世に認められていたことがあげられます。地理的にもエジンバラよりにあることから、イングランド軍にも破壊されずに残されました。スコットランドで唯一、独自の私兵「アーソル・ハイランダーズ」を有するほど、その地位が高かったことをうかがい知れます。現在、ブレア城の舞踏場では、世界バッグパイプ選手権が毎年開催され、ハイランダーの聖地となっています。
b0143877_4354495.jpg

旅はまだまだ続きます。
その後訪れたのが「ピトロッホリー」の北にある「エドラダワー蒸溜所」です。
1825年に造られ、小川を挟んで、白壁のかわいい建物(蒸溜所)が並んでいます。
スコットランドで最も小さな蒸溜所といわれていますが、エドラダワー(Edradour)の10年物は本当に最高です。同じハイランドの「マッカラン」と比べても「マイルド」な味わいで、「シングルモルト」のウイスキーとしては最高傑作といえます。
b0143877_5322132.jpg

ロンドンでは買えない希少価値のあるウイスキーでここで10年物のボトルを買いました。
b0143877_532576.jpg

「エドラダワー蒸溜所」を後にいよいよ峠を越えて、ディー川沿いの古城街道を目指します。
峠のスキーセンターで車を止めてハイランドを見下ろしたのですが、その「雄大な景色」にやはりスコットランドは何度来てもいいなと思いました。
b0143877_536375.jpg

峠を下っていくとようやく「River Dee」が見えてきました。本当にゆっくりとした清流で、昨年訪れた伊勢神宮の横を流れる清流と似た雰囲気でした。
b0143877_616424.jpg

2日目の宿泊地「ヒルトン・バラター」に到着です。高緯度のスコットランドは、この時期、午後10:00になっても、「白夜」が続きます。
b0143877_616236.jpg

▼6月9日(火) (バルモラル城→キルドラミー城→フレイザー城→ダノッター城→ダンディー)
3日目の朝は、いよいよ「バルモラル城」です。城門にはバッキンガム宮殿と同じ、エリザベス女王のイニシャル「ER」が、あまりにも広いのでまずは相乗り馬車で本城の近くまでいきました。
b0143877_731310.jpg

まもなく、バルモラル城が見えてきます、本当に広いの一言です。
1858年に、ビクトリア女王の夫であるアルバート公が初めてここを訪れた時、次のように言葉を残しています。
The way in which the building and grounds come out gives me much pleasure
and surpasses my fondest expectations.

本当にすばらしい。
この城と庭に通じる道を歩いていると、想像以上に、喜びと幸せを与えてくれる。
1858年 アルバート公 バルモラル城にて

b0143877_6584213.jpg

クイーンお気に入りの庭園。
b0143877_7123282.jpg

歴代、クイーンが愛用していたティーカップが展示されています。
b0143877_712476.jpg

「バルモラル城」をあとに北に1時間ほど車で山道を走ると、そこに「キルドラミー城」があります。とはいっても栄華を誇るロイヤルファミリーの城「バルモラル」とは対照的にそこには、廃墟となった城が・・・。
b0143877_7553837.jpg

13世紀に造られたその石造りの城は、かつて、スコットランドで最も美しく、堅牢な城だと言われていましたが、スコットランド軍のジャコバイトの本部があったため、イングランド軍に破壊されてしまいました。ただし、舞踏会が催されていたであろうホールや、チャペルなどは原型を留めており、当時の姿がよみがえってきます。
b0143877_756596.jpg

「キルドラミー城」は本当に何もない山道の中にあったのですが、そこの受付のおばちゃんが本当に親切にいろいろ教えてくれました。
その後、車を北から東に進めて、スコットランド3番目の都市アバディーンの近くにある「フレイザー城」を目指しました。2時間位で到着したのですが、時間は残念ながら16:30を回っており中には入れませんでした。
b0143877_844389.jpg

「フレイザー城」は1575年に起源をさかのぼる華麗な城で、一昨年訪れた「クレイキーバー城」と似た造りです。大雪に備えて縦長の造りになっているのが特徴です。
b0143877_85526.jpg

庭園がとてもきれいでした。
その後、3日目のフィナーレを飾る城が「ダノッタ城」です。アバディーンの南、「ストン・ヘブン」という漁村の岬の先にその古城はあります。岩壁にそびえるその城は、ケルトの伝動所として建てられたのが4世紀といわれています。その後北欧よりバイキングに侵略され城となります。この城はシェイクスピアの映画「ハムレット」の舞台にもなったことで有名ですが、何よりも度重なるスコットランド・イングランドの戦乱の歴史を語ってくれます。
b0143877_826168.jpg

ここ「ダノッタ城」は、バイキング侵略後、13世紀には、イングランドの城となりますが、スコットランド独立の英雄「ウイリアム・ウォーレス」が1297年に、イングランド軍を陥落させます。その後は17世紀まで、スコットランド独立象徴の城となります、ウォーレスの死後、ロバート・キースが歴代城主として継承し、メアリースコットランド女王もこの城を1564年に訪れています。しかし1715年の「ジャコバイ軍の反乱」で城主もこれに加担したことから、イングランド軍の反撃で反乱は鎮圧され、城は廃墟となってしまいます。スコットランドの最も東にある地理的優位性や岩山からの見晴らしの良さが、大航海時代にはかかせない要衝として大事な城だったことがうかがい知れます。
b0143877_8371044.jpg

岩山の上まで登ると過去の城の面影がよみがえってきます。水平線がとてもきれいです。
b0143877_8261985.jpg

その後スコットランド第4の都市「ダンディー」まで車を走らせ、ヒルトン・ダンディーに宿泊。

▼6月10日(水) (グレイム城→セント・アンドリュース→ロスリン教会→ストボー城)
4日目は、朝食を早めに食べて、あのシェイクスピアのマクベスの舞台にもなった、「グレイム城」に直行しました。1372年に築城されてから、一貫して同じ城主を続けてきたのが、ストラスモア・キングホーン伯爵家。現在も彼らの居城となっています。こちらもエントランスからの並木道がすばらしかったです。
b0143877_21374352.jpg

イギリス王室ともつながりが強く、エリザベス女王の母エリザベス王太后(Queen Mother)も何度も訪れていることで有名な城です。
b0143877_21383718.jpg

次に、車を南下させて、ゴルフの聖地セント・アンドリュースを目指しました。
ゴルフの全英オープンの開催地で有名なこのゴルフコースには、世界中からゴルフファンが訪れます。以下の写真は、第一コースのティーショットグランドです。
b0143877_21385349.jpg

ゴルフ博物館には歴代優勝者のグリップの模型が展示されています。こちらは「ジャック・二クラウス」の握りです。意外と普通ですね。
b0143877_21391090.jpg

セント・アンドリュースはゴルフだけではなく、数々の遺跡も残されています。
もともと「セント・アンドリュース」とは守護聖人伝説に起源があり、キリスト12使徒の「聖アンドレ」の遺骨がここに漂着したという伝説がもとになっています。大聖堂の建設は1160年から始まり、宗教上の拠点として多くの巡礼者がこの町に集まり始めました。完成した大聖堂は東西に108メートルという巨大なものでした。さらにスコットランドの守護聖人の聖地を守るために城も建設され、1200年に完成します。
しかし、城は常に戦争の標的になりイングランドのエドワード1世に占領され、さらに16世紀には宗教改革の波で、城と大聖堂はどちらも破壊され廃墟となってしましました。
b0143877_21392926.jpg

廃墟となった今でも、海風を遮るように大聖堂の壁面が残っています。
b0143877_21394579.jpg

大聖堂の一部だったタワーも残っています。
b0143877_2140224.jpg

タワーを登るとセント・アンドリュースの町なみを一望できます。
b0143877_21403238.jpg


セント・アンドリュースをあとに、さらに南下してボーダー地方へ車を走らせます。エジンバラの南に「ロスリン・チャペル」という、あの「ダ・ビンチ・コード」で有名ななったチャペルを訪れることにしました。現在、修復作業中なのですが、入口の彫刻がとても素晴らしいです。守護聖人が入口で迎えてくれます。
b0143877_21405640.jpg

ステンド・ガラスが遠くに見えます。
b0143877_21411081.jpg

レオナルド・ダ・ビンチが残した謎がここで解明されます。
b0143877_21412521.jpg

さらに、車で南下すると、最終日の宿泊地「ストボー城」に到着です。
b0143877_21413976.jpg

昔のお城をホテルに改築したここ「Sutobo Castle Hotel」は大変過ごしやすい雰囲気でした。
b0143877_21415359.jpg


▼6月11日(木) (ストボー城→湖水地方→ロンドン)
最終日は朝食を食べていよいよロンドンまでロングドライブです。途中、湖水地方のドライブインで休憩して、家路についたのでした。 
b0143877_2142752.jpg

以上、スコットランド紀行でした。走行距離は1200マイル(約2000km)でした。
[PR]
by winchesterpark | 2009-06-07 02:48 | 英国紀行