英国駐在員の日々雑感


by winchesterpark
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ウインブルドン5日目のResaleチケットでセンターコートの試合を観戦に行きました。男子シングルスの第三試合の途中からでしたが、世界ランキング5位のスペイン出身FERRERとランキング26位のAncicの試合で、とても中身の濃い試合でした。スペイン出身というとNADALが優勝候補として注目を浴びていますが、FERRERも同じスペイン出身のベースラインプレイヤーで私の好きなマイケル・チャンと同じプレイスタイルで観客を沸かせてくれます。また相手のAncicはクロアチア出身の新星で、ウインブルドン04年準決勝、06年準々決勝という実績もあり、今大会の中でも屈指の拮抗した試合となりました。結果はAncicが6/4 6/4 6/7(3) 7/6(3)で競り勝ち。試合時間は3時間超、試合終了時刻も21時30分を過ぎました。試合終了後は二人に観客からStanding ovationの嵐でした。
▼センターコート
b0143877_9214083.jpg

▼日本の若手ホープ錦織選手
b0143877_7355547.jpg

▼杉山愛選手はミックスダブルスで検討
b0143877_7324726.jpg

▼センターコートの概観
b0143877_7343482.jpg

▼毎年恒例の開催年の花壇(2008年)
b0143877_7315410.jpg

▼ギャラリーが集まる大型スクリーンにて
b0143877_732243.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-06-27 12:01 | 催物

Primrose Hill

ロンドンで景色を楽しみたい時の穴場がPrimrose Hillです。ロンドン市街を見渡せるこの丘は、Regents Parkの北に隣接しており、丘の頂上から眺めたロンドン市街は絶景です。本日は綺麗な快晴でカメラを持って撮影に行きました。以下の写真は頂上から写した写真ですが、左から新金融街CANARY WHARF、金融街CITI(ガーキンビルは頭だけ見えます)、St.Paul大聖堂、BTタワーまですべて見渡せます。
b0143877_3405957.jpg

b0143877_3525542.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-06-22 12:17 | 公園

ロンドン夏至の1日

本日6月21日は1年間で最も昼が長い夏至です。冬が長いイギリス人にとって本日は最もイベントの多い日といえます。天候はいつものようにどんよりとした曇りでしたが、夕刻にはだいぶ明るくなり夏至の一日をなんとか楽しむことができました。英南西部ウィルトシャー、ソールズベリー平原の巨石遺跡群ストーンヘンジ(Stonehenge)には、雨にもかかわらず、日の出の見物に約3万人が詰めかけたそうです。夏至の朝には太陽はヒールストーンの付近から昇り、太陽の最初の光線は馬蹄形の配置の中にある遺跡の中央に直接当たるからです。
ストーンヘンジ周辺は大渋滞で避けたほうがいいとのイギリス人の薦めもあり、本日はロンドン市内のイベントに行くことにしました。まずは教会のサマーガーデンパーティーです。こじんまりとしていましたが、皆さん優しい人たちばかりでおいしい紅茶を楽しむことができました。
b0143877_882847.jpg

次に、足を運んだのはロイヤルアルバートホールです。1871年にオープンしたこの円形の演劇場は当時ビクトリア女王が夫のアルバート公に捧げて建築されたものです。夏にここで開催されるPROMSは国民的行事となっています。個人的にはローマのコロッセオに屋根がついたようなイメージを持っているのですが、1871年に全天候型のドーム劇場が完成していたというのは驚きです。
b0143877_893467.jpg

本日、鑑賞してきたのは「Strictly Gershwin」。英語の教科書にも出てきたあの作曲家ジョージ・ガーシュインの名曲に合わせて、英国国立バレエ団のバレエとタップダンス、社交ダンスをコラボレーションした素晴らしいダンスショーでした。
b0143877_895558.jpg

そして、ロイヤルアルバートホールからビクトリアアルバート博物館に抜けるQUEENS GATE Roadが歩行者天国になっていて、そこで「A midsumer festival of architecture and music」というイベントがあり、近代的なオブジェやライブが行われました。そこで遭遇したのが以下の写真にある、2階建てバス「ゴールド・ルートマスター」です。ご存知のとおり2階建てバス「ルートマスター(Routemaster)」はロンドンの顔でもあったのですが、2005年に引退しており、今は最新型2階建てワンマンバスに取って代わられています。個人的にはボンネット部分が好きな部分です。
b0143877_8101812.jpg

そして、夕刻にリージェントパークに足を運んで、「Taste of London」に行ってきました。ロンドン選りすぐりのレストランのシェフが一同に会して、屋台でおいしい料理を振舞ってくれます。いろいろなイベントが開催されており、ワインの試飲会や料理の実演講習会など盛りだくさんで、たくさんのワインを試飲できました。今回はNEWWORLDを売り出しているらしく、ニュージーランドやオーストラリアのワインがたくさん振舞われました。良かったお店はインド料理のBenares、Cinnamon Club、Cafe Spice NamasteとイタリアンのYou&Albany、日本食のSumosanでした。Wales地方の塩(Halen Mon Sea Salt)と水(TY NANT)の試食でおいしかったので購入しました。
b0143877_8183585.jpg

あっという間の夏至の1日でした。
[PR]
by winchesterpark | 2008-06-21 12:00 | 催物

YMOロンドン公演

ロイヤルフェスティバルホールでのYMO(イエローマジックオーケストラ)ロンドンライブ公演に行ってきました。坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣の3人揃い踏みでの出演でした。1980年代の曲も何曲かあり、とても懐かしかったです。中でも坂本龍一の奏でるRiot in Ragos、キリンビールのCMでお馴染みのRYDEEN79・07以心電信Ongakuは本当に最高でした。ロンドン公演を実現させたスタッフの皆様に感謝です。

b0143877_725468.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-06-15 20:18 | 演劇

ワインパーティー

ワインパーティーに参加させていただきました。18:30にシャンパンで乾杯をしてから、あっという間に時間が過ぎてしまいました。シャンパンを合わせて6人で合計6本のボトルを開けてしまいました。飲んだワインを順番に説明すると、まずオーナーさんより「白の貴族」と絶賛されているフランスの白ワイン最高峰、シャルドネのモンラッセ(2002、写真真中)をいただきました。この幻の白ワインは17世紀のルイ王朝時代に宮廷でもっとももてはやされていたワインです。よく冷えていて、これ以上の白ワインに出会うのは難しいだろうと思わせるほど絶品でした。そして次が、妻がセレクトしたスペインの赤ワイン、テンプラニーニョのリオハ(1998、写真右)でした。これは98年のスペインは当たり年ということもあり、フルーティーかつ味がしっかりしており予想外においしいワインでした。そして次に開けたワインがイタリア最上質で最長命の赤ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(2001、写真左)です。Hさんが5月にイタリアのシエナに旅行に行かれたときに購入されてものです。以前私も旅行でシエナ地方のモンタルチーノに行ったことがあるのですが、ブドウ畑の景色が本当にきれいです。ローマ時代からの伝統が守られている、そんなワインで歴史を感じました。このような素晴らしいイタリアワインを飲めて幸せでした。この時点で3本のワインをオーナーの奥様によるイタリアンとHさんのスペインからのお土産イベリコハムで味わいまいした。
b0143877_1103040.jpg

そしてこの後から、オーナー様とっておきの絶品が登場します。フランスの赤ワインで1995年のボォルネーです、ブルゴーニュー地方では赤ワインと白ワイン両方が作られますが、ボォルネーは赤ワイン(ピノノワール種)だけを作るというこだわりのワインです。この種のワインはピークに達するのに少なくとも10年かかると言われていますが、まさに今日は13年目で飲み頃だったといえます。
b0143877_1182357.jpg

そしてオーナー様に最後に出してもらったワインが、これもフランスの赤ワインで2005年のシャトーヌフ・デュ・パプです。地中海に流れるローヌ川沿いのワインで最も有名なワインで、ここのブドウの品質管理は世界最上級でブドウは手で摘むことが義務付けられています。本日、最後に飲んだワインでしたが、バランスのいい味で、思わず飲みすぎてしまいました。
b0143877_1133875.jpg

最後にオーナー様からいただいた6本全員集合写真です。こうやって並べてみると爽快ですね。
b0143877_81137.jpg

オーナー様、本日はご招待いただき本当にありがとうございました。
[PR]
by winchesterpark | 2008-06-14 20:19 | 食事

英国ロイヤルバレー観覧

コベントガーデンのオペラハウスに行って、英国名門ロイヤルバレーを鑑賞してきました。本日の公演は「ロミオとジュリエット」の最終日。本当に素晴らしい内容でした。ロイヤルバレー団のジュリエット役といえば日本人の吉田都さんが有名ですが、本日は、デボン州生まれのイギリス人Lauren Cuthbertsonさんでした。バレエといえば東欧やロシアの女性をイメージしますが、彼女の踊りは曲線美が素晴らしいです。
b0143877_21445945.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-06-13 21:27 | 演劇

岩島エイサル・クレイグ

スコットランドのグラスゴーから南へ1時間車を走らせると、美しい海岸線の先にターンベリーという町がある。仕事の関係で訪れたのだが、景色が絶景。全英オープンでも定期的に使われているゴルフコースの向こうに岩島のエイサル・クレイグが見える。景色が刻一刻と変化するのでとても神秘的であった。以下の写真はターンべりーのウエスティンホテルから撮影。この時期のスコットランドは緯度が高いこともあり23時を過ぎても明るいので、つい寝不足になってしまう。
b0143877_8144620.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-06-11 08:05 | 景色

ハイドパークを散歩

ロンドンは1年のうちほとんどが曇りか雨で、みんなふりそそぐ日光に対しては憧れを持っています。本日は本当きれいな快晴で、こことぞばかりにロンドンの人達は最寄の公園に日光浴に集結。ハイドパークを散歩したのですが、木漏れ日が本当に綺麗でした。これから夏に向けて野外コンサート他いろいろなイベントがここハイドパークで行われます。
b0143877_63718.jpg

[PR]
by winchesterpark | 2008-06-09 06:24 | 公園